2017年1月15日 (日)

2016年 カムメンバーのベスト本

こんばんは。カム 後藤です。
 
昨日はカム同人の新年会でした。おかげで今日は少し二日酔いです。
さて、恒例の各同人が披露した、昨年(2016年)に読んだベストの本を
公開します。
 
今年はメンバーに一部入れ替わりもありますが、
どうか皆様、今後も引き続き、よろしくお願いいたします。
 
あぶらみ     町田康 『ギケイキ 千年の流転』
 
うえのそら 初  木原 浩勝, 中山 市朗 『新耳袋 第六夜』
 
大西 智子    朝倉 かすみ 『田村はまだか』
 
後藤 高志    岸本佐知子 編訳 『楽しい夜』
 
佐伯 一果    川上弘美 『センセイの鞄』
 
早高 叶     宮下 奈都 『羊と鋼の森』
 
宮内 はと子   横山 秀夫 『64(ロクヨン)』
 
宮城 芳典    カズオ・イシグロ 『わたしを離さないで』
 
顧問:平野 千景 カレン・ラッセル 『レモン畑の吸血鬼』
 
今年も皆様にとってよい年でありますように。
そして今年のベストも、また発表できますように!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月28日 (水)

カムvol.14、完成しました!

こんにちは、カム同人の早高です。

このたび、カムvol.14を発行いたしました。

作成にあたり、多くの方々にお世話になりました。
誠にありがとうございます。
今回のラインナップは下記のとおりです。

佐伯 一果 「呼び名のない雨」
後藤 高志 「シーズンシート」
宮城 芳典 「鳴き声」
早高 叶  「赤い花咲く水の中」


佐伯一果は今回初参加のゲスト会員です。
全部で四作品とちょっと少なめですが、それぞれ力の入った作品。
来年1月の京都文学フリマで頒布しますので、
お手にとっていただけると嬉しいです!


第一回京都文学フリマ
日時:2017年1月22日(日) 11:00~16:00
場所:京都市勧業館 みやこめっせ 地下第一展示場(京都市・岡崎)
カムのブースは「か-04」です。
文学フリマWebカタログもご参照ください。
簡単な作品紹介が読めます。

おとなり「か-05」はカムから輩出したプロ作家、大西智子のブース。
(光文社より『カプセルフィッシュ』 を刊行)
ミステリ作家の川辺純可さん、直原冬明さんもご一緒です。
さらにそのおとなり「か-06」は歴史作家・木下昌輝さん、長谷川ヨシテルさんのブースです。
プロ作家さんのブースにいらっしゃるついででもいいので(笑)、
どうぞお越しくださいませ!
Photo

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2016年11月 4日 (金)

カム14号、ただいま作成中!

こんにちは。カム同人の早高です。

ただいま、新刊となるカム14号を鋭意作成中です。
今回は私が編集作業を担当することになり、全く初めてのことで右も左もわからぬながら、どうにかこうにか進めています。
(要領がよくわかっていないので、ムダに時間がかかっちゃってますが・・・)

今回は、初参加のゲスト会員の作品も掲載予定。
表紙デザインも新しくしてみました。
今までとはまた違ったカムの雰囲気を楽しんでいただけるのでは、と思います。

来年の1月22日には京都文学フリマに出店します。
それに間に合わせるべく、頑張っていきたいです。
どうぞ完成をお楽しみに!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月12日 (土)

最初に買ったCDまたはレコード

カム同人の田中です。
最近は世代についてよく考えます。
仕事上なんですが、書くことにも勉強になっている気がします。

若い世代…20代前半の方と話す機会も増えてきました。
私からすると、皆かわいいですが、相手は親と同じくらいの世代と思って接しているのでしょう。

そこで、そのかわいい若い世代に質問しているのが、
「最初に買ったCDは何?」です。

この質問をに対し、覚えていないと言う方はあまりいなく、ほとんどの方が即答です。
嵐・スマップ ジャニーズ系アイドル・B,Z・MISAなど。
「だんご三兄弟」を挙げた人もいました。

当たり前ですが、音楽も読書と同じくは好みが出るもの。
最初の音楽購入は、その人の背景が出るような気がします。

ちなみに私は、南義孝の「スローなブギにしてくれ」レコード です。
https://www.youtube.com/watch?v=cRRDuz-KqRc

アイドル全盛の80年代、皆と同じになりたくない、そんな14歳でした。

皆さん、ごめんなさい。
けっこう恥ずかしいものですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年1月31日 (日)

Webカム更新しました

こんばんは。カム同人 後藤です。

超久しぶりですが、Webカム、リニューアルというより更新しています。

反映できていなかったメンバーも、最新化しています。

今後とも、よろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月30日 (水)

京都恵文社さんイベントに出店します

年明け1月17日(日)、京都恵文社さんイベント、「恵文社文芸部」に参加します。

今回の参加名は「大西智子andカム」

寒い京都もオツなもの、散策がてら、遊びに来てください。
時間は11時〜4時、参加無料です。
3時〜朗読タイムもあります。おしゃれなカフェブースもあって、のんびりできます。


■紹介メッセージ
大阪文学学校で出会った仲間とカムを創刊し、気が付けばもう10年、vol.13発刊まで続いてきました。

また、2015年9月、同人「大西智子」が光文社から「カプセルフィッシュ」を上梓、一般書店に仲間の本が並ぶという、嬉しい経験もありました。

2016年〜、カム2.0(新生カム)は、一層パワーアップしていこうと盛り上がっています。
本を手にとってみてください。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月20日 (日)

2015年の1冊

カム同人の田中です。
昨日はカム例会と忘年会を行いました。
恒例行事となっているのが、今年読んで良かった本を1人1冊発表すること。今年も総勢13名で行いました。
去年2014年と同じ作家を挙げる人がいたり、カムメンバー作品を言う人がいたり…。
酔っているので、「イチャイチャするんじゃないー」と突っ込みが入りました。ちなみに坂井が、うえのそら作品を挙げたのです。未発表作品なので、下記からは割愛しています。

各メンバーの個性・読書傾向が出ているような気がします。
次の読書セレクトに参考になりました。


■発表順
うえのそら 選 「悪役レスラーは笑う」 森達也著

後藤 選 「LOVE」 古川日出男著

釈 選 「命」4部作 柳美里著

早高 選 「沈黙博物館」 小川洋子著

田中 選 「あのひとは蜘蛛を潰せない」 彩瀬まる著

あぶらみ 選 「窓から逃げた100歳老人」 ヨナス・ヨイスン著

宮城 選 「宇宙はなぜこのような宇宙なのか」 青木薫著

芦原 選 「インドクリスタル」 篠田節子著

平野T 選 「八月の日曜日」 パトリック・モディアノ著

佐伯 選 「猫と悪魔」 ジェイムズ・ジョイス著

伊村 選 「鹿の王」 上橋菜穂子著

大西 選 「この世は二人組ではできあがらない」 山崎ナオコーラ著

ゆるゆるとカム次号発刊にむけ、やってゆきます。
皆さま、楽しいクリスマスとよいお年を!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年11月22日 (日)

小説が読みたい

カム同人の田中です。

仕事や資格受験でここ1ヵ月ほど、まともな読書としばらくご無沙汰だった。本当は小説を読みたくてたまらなかったが、読むと止まらなくなるのが怖くて…これも活字と言い聞かせ、法律の条文を読み込んで、問題を解く日々だった。
たまに眠る前にエッセイをほんの少しだけ読んではいたけれど、小説がホントに恋しくなった。
さて、少しだけ落ち着いてきた。何を読もうか。
まずは来週の合評会のために、カム13号再読かな。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月24日 (木)

文学フリマ無事終了!

カム同人の大西です。

先日、9/20(日)に堺市の産業振興センターにおきまして、第3回大阪文学フリマが開催されました。

カムとしての出店はもちろんのこと、今回は大西智子個人でもカムブースの隣に出店いたしました。

会場に来てくださったみなさま、お買い上げいただいたみなさま、本当にありがとうございます。

表紙がポップでカラーにリニューアルしたカムの新刊も売れ行き好調、おかげさまで単行本『カプセルフィッシュ』も、持参ぶんほぼ完売いたしました。

特に文学学校関係の方々にはたくさん買っていただいてありがとうございます。

興奮さめやらぬうちに終了し、なんだかふわふわした足取りで帰ったのを覚えています。

私自身、今回のようにがっつり朝の搬入から五時の終わりまで参加したことがなかったので、いい経験になりましたし楽しめました。

目の前で立ち読みされたときの緊張感、無言のまますっと戻されたときの落胆(笑)、お買い上げいただいたときの悦び、普段一人で小説を書いているだけではなかなか味わえるものではありません。

中には「サインを…」と言っていただいた方もいて、調子に乗って不慣れでぶさいくなサインなぞしてしまいました。あとから考えて、あのときイキってサインなんかしていた自分をせいぜいディスってやりたいです。どうかお許しを。

しかし文フリは読者と対話できる、これがやっぱり魅力的ですよね。

お買い上げいただいた方にも、そうでない方にも、なんだかみなさんに感謝したいぐらい感動的で、刺激的で、よい一日でした。

また次回もよろしくお願いします!

ちょこっと宣伝。

小説宝石10月号に『カプセルフィッシュ』についてのエッセイ載せてもらっています。

510oa4hzdll__sx346_bo1204203200_

よろしくお願いします!

51r2vsvf73l__sx338_bo1204203200__2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月12日 (土)

第3回文学フリマ大阪に出店します!

お久しぶりです、芦原です。

9月20日(日)大阪 堺市産業復興センターにて、第3回文学フリマ大阪が開催されます。

弊誌カムも出店予定です。

ブースは、入り口近く壁際の A-25 !

新刊vo.13は500円、バックナンバーは300円にて頒布いたします。
お品書きは、こちらの文学フリマウェブカタログでご確認ください☆

ちなみに、おとなりA-24は、弊誌のホープ、大西智子さんの単独ブースです。
発売ホヤホヤの単行本、『カプセルフィッシュ』がお目見え。
書きおろし個人誌『小説のかみさま』も頒布!

開催時間は、11:00~17:00となっております。
お近くの方は、ぜひぜひ、お越しくださいませ!

Kamu

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«カムvol.13完成しました!