« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2010年3月

2010年3月20日 (土)

何だか変

こんにちは築島です。

ゴーゴリーの『外套』を読んだ。

主人公の生活が空虚であったために外套を盗まれただけで死んでしまうなんて。

歓喜の絶頂から、致命的な絶望へ。

浄書より外には何ら能のない(まじめに仕事をして粗末なものを食べて寝るだけで他に欲のない)主人公の心のうちを丁寧に書いていて勉強になった。

底辺がいい。貧しい人は善。(我慢しなさい)

国を治める人にとって都合のよい……。

一瞬そんな思いが過った私って?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月17日 (水)

『繋』3号拝受

カム同人の芦原です。

大阪文学学校同窓生のBさんから、『繋』3号をご恵送いただきました。

Img057_7 文学学校の佐久間チューターが出されている同人誌で、創刊準備号も合わせると4冊目となります。

以前、佐久間チューターから「作者は、ひたすら主人公と生きればいい。ゆっくりじっくり、主人公と考えればいい」という執筆上のアドバイスをいただいたことがあります。作者である自分は一段高い所から主人公を見おろし、駒のように動かして小説を書いていた、その傲慢さに気づいた一言でした。

『繋』に掲載されている小説・ノンフィクションはどれも、主人公が「今、ここ」を懸命に生きていることが伝わってきます。私も、こんな風に力強い小説を書いてみたいな、という気持ちになりました。

皆様の、ますますのご健筆をお祈りしております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月14日 (日)

夢の話

うえのそら初です。こんにちは。

寝ているときに見る、夢の話です。

その夢は私が布団の上で目を覚ますところから始まります。

夢の中で私は体を起こします。

ところが、視界には天井が映っているのです。寝ているときと同じように。

頭は上向きという感触があるのに。

私は焦って立ち上がります。足の裏に布団のシーツの感覚。けども、視界は動きません。天井。首を左右に振っても、見えるのは天井。

からだをどれだけ動かしても、目に映るのは天井だけなのです。

焦っているうちに目が覚めます。馬鹿な夢を見たものだと苦笑。再び体を起こします。

けれど、先ほどの夢と同じで、視界は動きません。天井。まだ、夢の中にいるのです。

夢の中で、夢を見た夢を見ているのですが……。

この夢を見たときは本当にいやな気持になります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月13日 (土)

カム6号カミング・スーン☆

カム編集人の芦原です。

カム最新号の発行は、4月末に決まりました。

外部合評会は、5月30日(日)1:15~ 難波市民学習センター 第3研修室(前回と同じ場所)にて行います。2次会(飲み会)もします。初参加歓迎、入退出自由なので、気楽な気持ちで参加していただければと思います。皆さまのお越しをお待ちしております!

今回作品を発表するのは、阪井智一、築島祥子、宮内はと子、芦原瑞祥、田中一葉の5名です。

皆さまに読んでいただくに堪える本となるよう頑張りますので、どうぞよろしくお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »