« 最近のこと | トップページ | 罪と罰 »

2014年9月20日 (土)

第2回文学フリマ大阪参加レポート

文芸同人誌『カム』編集担当の芦原です。

先週、第2回文学フリマ大阪に出店して参りました!

 

地元開催ということで、知り合いの同人誌さんたちとおしゃべりしながら開場待ち。

弊誌代表が急遽仕事で不参加となったので、うえのそら氏と二人で設営しました。

(写真は代表が撮ると思っていたのでカメラを持っていかず、ブース写真はなし。せっかくポップスタンド新調して飾り上げたのにぃ)

 

11時の一般開場前に、謎の傀儡舞が! 場が祓われた感じです。

そして開場。たくさんの人が流れ込んできました。

弊誌カムは壁際のA-23。壁際といっても壁サークルではないところが寂しいですね。

知人に薦められたからとご来店いただいた方(推薦してくださった方、ありがとうございます!)、ウェブカタログを見て買い求めに来られた方、小説宝石新人賞優秀作を受賞したということで「大西さんのサインをお願いします!」と言ってくださった方。

たくさんの方が手に取ってくださり、おかげさまで過去最高売上数を記録しました!

本当にありがとうございます!

 

売る方も頑張りましたが、買う方も頑張ってきました。

今回も1万円以上散財。でも、それだけの価値はあります。

いろんな苦しいことを乗り越えて、作品を本という形にされている書き手の方々に、芦原は心から敬意を表しております。

だから、おもしろい本、おもしろそうな本は買います。そして読みます。

作品やツイッター上だけで知っている方と実際お会いできるというのも、嬉しいものですね。作品がいっそう身近になった気がします。

というわけで、今回の戦利品はこちら。

(でも、買い忘れちゃった本があるんですよ。また東京でリベンジします!)

3

文学フリマの打ち上げに後ろ髪をひかれつつ、大阪文学学校系同人誌6誌(『ignea』『星座盤』『雑記囃子』『白鴉』『流浪』『カム』)+αの合同打ち上げに参加。

どの誌も拝読していましたが、一堂に会するのははじめて。有意義な時間を過ごせました。

(ふと後ろを向いたら、男同士で濃厚なチュウをしていたのは、目の錯覚でしょうか……)

 

執筆という孤独な作業が続く中、こうして横のつながりができるイベントはいいですね。

文学フリマ大阪、お疲れさまでした&ありがとうございました。

書き手の皆さまの、ご健筆をお祈りしています!

|

« 最近のこと | トップページ | 罪と罰 »

コメント

カム12号 ありがとうございました。
カフェ・ハーフ 爽やかでした。
ちょうどテレビで中崎町あたりの佇まいを取り上げていて 作品と重ね合わせました。
次号の作品で喫茶店を入れ込むつもりなので 細やかな描写や店事情を参考にしつつ読ませてもらいました。
金色の社長 SFを同人誌で読んだのは久しぶりで 新鮮でした。
ファルス! これまでの作品よりよりライトノベルという感じがしました。
キャラクターやセリフ テンポよく 純粋に楽しんで読みました。
どれも 私小説中心の同人誌を読み飽きた私には パンチがあって読者として面白かったです。
遅くなってすみませんが 大西さんの受賞 おめでとうございます。

投稿: 南 奈乃 | 2014年11月 2日 (日) 18時20分

南さま

感想をありがとうございます! とても嬉しいです。
読んでいただける喜びと責任を感じつつ、同人一同さらに頑張っていきます。
貴誌の合評会にもまた参加させていただきますので、よろしくお願いいたします。

投稿: 瑞祥 | 2014年11月22日 (土) 17時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1109539/57437575

この記事へのトラックバック一覧です: 第2回文学フリマ大阪参加レポート:

« 最近のこと | トップページ | 罪と罰 »