« 2017年1月 | トップページ

2017年6月

2017年6月13日 (火)

同人誌評に取り上げられました

こんにちは、カムの早高です。
今日は嬉しいお知らせを一つ。

大阪文学学校が発行している「樹林」夏号の「小説同人誌評」に、カム14号掲載の「呼び名のない雨」(佐伯一果)が取り上げられました!

「樹林」の小説同人誌評は、細見和之校長が担当。
夏号では「鬱を吹き払う文学の力」と題して八作品が取り上げられています。

以下、一部を引用します。


 『カム』第14号掲載の、佐伯一果「呼び名のない雨」も、作風は全く異なっていても、作者がよく知っている世界がきっちりと描かれていて、好感が持てる。こちらは学習参考書を刊行している出版者が舞台。
(中略)
本を作る意義が声高に主張されているのでなく、編集部と営業部の合同会議の模様や書店での客との関係をつうじて自ずと伝わるように書かれていて、爽やかな印象を受けた。



14号に掲載された作品が、各誌の同人誌評に取り上げられたのはこれが初めて。
「呼び名のない雨」の特色をしっかりとらえて評価してもらっており、大変嬉しい書評です。

次号、15号に向けてますます意欲がわいてきました。
15号は今年11月~12月の発行を目標にしております。どうぞお楽しみに!
Photo


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年1月 | トップページ